事業を通じて福島に関わる多様な選択肢(2)

福島県沿岸部12市町村を新しい課題解決事業が生まれる「フロンティア」と考え、この地域で挑戦する創業希望者をサポートしてきたFVC事業(一般社団法人RCFが経済産業省より受託)。2017年のプロジェクト開始以来、年間10人程度の創業者(準備段階含む)を送り出し、イベント参加者数は延べ300人を超えている。彼ら彼女らはどのようにしてFVCに出会い、どのような思いで福島県沿岸部12市町村での事業に関わるようになったのだろうか。
今回は、今年4月に南相馬市にUターンし、創業に向けて新たなチャレンジをすることが決まった高田江美子さんと、東京にいながら副業として現地事業者との関係性を深めつつある二宮秀彰さんに、お2人をサポートしてきたRCFの佐藤淳が話を聞いた。後編では、FVCというコミュニティの意義、そして「事業を通じて福島に関わる」という選択肢の多様性について話が及んだ。
※前編(1)はこちら

全財産を投げ打って起業する必要は無い。ハードルを下げた関わり方

4月に南相馬にUターンして本格的な創業準備に入る高田さん。新しい環境に、少なからず不安があるという。

高田:大学進学を機に故郷を離れてからは、都市部に長年住んでいました。事業が自分が描いた計画通りにいくのかも含め、ローカルエリアで今となっては知り合いも少ない南相馬での暮らしに不安がないかといえは嘘になります。

佐藤:創業者は誰もが抱える不安ですね。しかし、今回高田さんはNCLの「起業型地域おこし協力隊」という制度を通して創業準備をされます。どうやって地域の人たちとつながっていくのかも含め、悩んだりくじけそうになったときにサポートしてくれるコミュニティがあります。

地域おこし協力隊では、最長3年間の活動支援金が支給される。本格的に事業をはじめるまでの「助走期間」として活動をサポートしてくれる仕組みだ。また、佐藤は「創業のハードルを下げること」の大切さを強調する。

佐藤:高田さんも二宮さんも、いい意味で創業へのハードルを下げて取り組んでおられる。FVCでも「無理に自分の全財産を投げうって創業する必要は全く無くて、各々ができることをやりやすいステップでやればいい」ということをよくお話しています。
お2人ともいままでの仕事と生活の中でそれぞれの現場と地域の課題に向き合ってきました。それは福島での事業において共通するものがあるはずです。今までの仕事の延長で現実的にできることを実行しようとしている。全身全霊で全財産を投げうつ「起業」とはまた違う、コミュニティや制度のサポートをうけながらチャレンジできる仕組みと選択肢があるんです。

高田:地域起こし協力隊に応募する際にも、佐藤さんをはじめFVCの方々に事業計画書の添削やアドバイスをしていただきました。NCLやFVCの方々がついていてくださっているのは本当に心強いです。

今後の目標は「知り合いを誘って福島に遊びに行く」こと

今後について、高田さんは地域起こし協力隊に選んでもらった責任を果たし、自分の描く事業を形にすることを目標だと話した。また、自分自身が楽しく生活することを大切にしたいという。

高田:単純に数字で結果を残すというよりも、まずは福島を拠点に継続的に活動出来るようにするための形を作っていきたいです。独りよがりでやりたいことをやるのではなく、関わる人に喜んでもらいたいですし、地域で頑張っている事業者の役に立ちたい。また、なにより自分自身が「南相馬に戻ってきて良かった」と思いながら、楽しく生活できるようになりたいです。

二宮:私は現時点ではより深く事業に関わったり、福島に移住して具体的に創業したりすることまでイメージできていません。むしろもう少しゆるく、友達を誘って福島に遊びに行ったら面白いのではないかと思っています。私の知り合いに日本の地方を訪れるのが大好きな大手会社の部長さんやワーホリ経験のある旅好きな友人がいるのですが、たとえばそういった人を誘って福島の農園や名所を巡るツアーをしてみる。それだけでもなにか今後の活動につながるアイデアが生まれるかもしれません。

「本格的に事業をやるぞ!」という感じではなくて、もっと福島を楽しむにはどうしたらいいかという視点で考えるとできることが広がる気がします。もちろん福島の方が真摯に向き合ってくださる以上、相応のマナーを守る必要がありますが、できるだけ広く浅い形で「まずは関わることができる」という仕組みや流れを作りたいです。色んな人の力が少しずつ組み合わされば思いがけないことが生まれるのではないでしょうか。

佐藤:いいですね、大変ありがたいです。高田さんのように制度を活用して本格的に創業されるのもアリだし、二宮さんみたいにまずは休日の副業としてはじめるのも良い。私からは、とにかくいろいろな関わり方があるということを伝えたいです。

多様な人が多様な関わりをしていくことで、輪がひろがっていく

佐藤:私はいま、10代の大学生から60代以上の創業希望者までサポートしています。どこ出身でどういう仕事をしていて、どういう性格だから福島に関わるべきだったりとか、できるということはありません。多様な人が多様な形で関わっていく中で、関わりあいが増えていく。
高田さんがこれから南相馬で活動されるなかで、別の人が仕事で関わるきっかけづくりをすることもあれば、二宮さんが観光目的で友達と一緒にやってきて、そこからなにかが生まれることもある。みんなで関わりあう選択肢を作りあって、そのうちの1つが事業という形なら、よりサスティナブルなものになっていきます。

これからの時代、ずっと1つの地域だけで暮らしていくのではなく、多拠点で生活する人も増えていくだろう。より多くの人が全国どこでも自分の好きなタイミングで、好きな関わり方をしていく。たとえば将来二宮さんが大分に戻ったときに取り組む事業と、高田さんが南相馬で広げた事業とつながるかもしれない。そうして少しずつ輪が広がっていくことで、可能性も広がっていく。

高田:福島では新たな取り組みや事業展開が活発に行われています。それは、逆境をプラスに捉え新しいことに取り組むマインドを持つ人が集まっていて、そうした人たちを受け入れ応援する体制があるからだということを、私のような未熟な人間も温かく迎えてくれる人たちに出会い実感しています。
創業に限らず、福島に関わることに興味がある方は「まず行動してみる」ことをおすすめします。起業家の方に会ったり、同じような問題意識を持っている方々と交流したり、現場の事業を見たり。少し調べれば、沢山の有難い制度があることもわかるはずです。私もそうして「チャレンジしてみよう」と思えました。

テキスト:原光樹