ふくしまの現状を知り、チャレンジの可能性を探る。

FVCカフェ(事業説明会)やチャレンジサポート(個別相談会)を通して、ふくしまの現状や先輩起業家の今、FVCで提供している支援メニューをお伝えします。現地起業家との議論で事業着想を得たり、他の創業希望者・現地起業家等のコミュニティとのネットワーキングの場を提供しています。

コミュニティとの出会いから起業のヒントを掴もう!

先駆的な起業家の視座から、ふくしまの現状と可能性を学ぶ。

NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹さん

「福島沿岸部は課題が明確な地域なので事業が創りやすい。事業は何らかの社会課題を解決して喜ばれるものであり、課題先進地域で事業を行うことには社会的な意義があります。」

一般社団法人「東の食の会」事務局代表 高橋大就さん

「地域資源を活かすにはしっかりと尖った部分があることが必要。ギネスレベルの糖度を実現した福島産の桃が、東京の百貨店で50,000円を超える価格で販売された例もあります。左脳(機能性)と右脳(デザイン)と心を打つ(情緒的価値)ことが大事です。」

ふくしまの起業家の実体験から、創業のヒントを得る。

かわうちワイン株式会社代表取締役 髙木亨さん

「徹底的にいいワインを作るという目標を達成するために妥協はしません。中山間地域としての経済活動の復活は、既存産業の焼き直しでは通用しません。徹底してやることで質が認められ、初めて人が集まってきます。若者が頑張れば日本は元気になります。そして、そのフィールドは都会ではできない人間本来の暮らしができる地方・田舎だと思うのです。好きなことを徹底的にやることが、私の気力の源になっています。」

株式会社ふたば代表取締役 遠藤秀文さん

「たとえば、災害や戦争で傷む遺産・遺跡を夜ノ森で培った3D撮影技術を使って保存できないかと考えており、いまマチュピチュの映像保存を検討しています。この地域から生まれるものを世界に広げていけるチャンスが転がっています。」

まずはFVCカフェやチャレンジサポートに参加して、情報収集をしよう

FVCカフェでは、12市町村の状況や先輩起業家の取り組みなどふくしまの今と、FVCの支援メニューをお伝えします(東京または福島で毎月開催。オンライン参加可能)。またご自身の創業等実現に向けた個別相談・伴走支援する「チャレンジサポート」も実施しています。

事業計画の具体化に、フロンティアベースプログラムを活用しよう

現地の先進的な起業家をメンターに、自身の事業計画をブラッシュアップするプログラムを年2回実施しています。福島で先輩起業家や創業希望者同士での交流を深め、事業構想を固めてください。 (主にチャレンジサポートを受けている方を対象とした招待制のプログラムのため、参加関心ある方はお問い合わせください)

最新情報をチェックしてチャレンジの可能性を探ろう

FVCが運営するFacebookページでは、福島に関わるイベントや先輩起業家や補助金情報等を発信しています。また、FVC主催のイベント参加者のみ参加可能なコミュニティ(Facebookグループ)も運営しており、同じ志を持つ仲間等とつながり、最新の情報交換を行っています。

FVCのFacebookページで最新情報をチェック!

福島で未来をつくる方々のインタビューや各種連載は、福島ではたらく、移住きっかけマガジン「HOOK」をご覧ください。